波に巻かれた時の対処

波に巻かれることがたくさんあると思いますが、初心者の方は是非正しい対処法を知っておいてください。

自慢ではありませんが、伊勢、九十九里、大磯、サーファーズと、いろいろなポイントで波に巻かれてきました(笑)カレントが強いところでは、海底に強く押さえつけられて立ち上がれなかったり、天地がわからなくなることがありますよね。

数々の波に巻かれてきた僕が気をつけていることは、ずばり、「なにもしない」ことです。

大波であればあるほど、自分と板を離すように気をつけましょう。刺さったら死にます。ただし周りにいる人に怪我をさせないように気を配った上で!って難しいですね。

また、ボトムや板や近くの人に接触しないように、体をゆるやかに丸めて流れに身を任せます。もがくと酸素の消費が多く、余計に苦しくなるので、自分の状況を把握できるまで冷静に待ちましょう。たぶん波がひとつ行ってしまったあとにどっちが海面か分かるはずです。

海面に顔を出したときにあわてて息を吸い込まないようにも気をつけます。次の波が来ていることもあって水を飲んでしまう危険性があります。次の波に誰か乗ってきている可能性もあるので十分気をつけて浮上しましょう。

とにかく、いかなる時にも落ち着いて対処すること。海には、監視員も、助けてくれる人もいない、自分で自分の身を助ける、という覚悟で、無理をせずにサーフィンを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク