日光じんましん


一度、もう二度と太陽の下に出られないのかと絶望したことがあります。日に当たると湿疹が出ることないですか?気をつけましょう。

花粉症もありません。これまで目立ったアレルギーもありませんでした。しかし、あるとき急に日光に当たるとじんましんが出るという、いわゆる日光じんましんの症状が出るようになりました。

思い起こせば、その当時処方を受けた内服薬に

日光じんましんが出る恐れがあるので日光を浴びないでください

と書かれていたような。

若気の至りというか。。。
一時的に痒いくらい平気!それより千載一遇の波を逃せない!サーフィンの方が大事だぜ!!

と甘く考え、薬を飲んでそのまま海に行ったのですけど。もしかしてあの時の不養生が今に響いているのか?!なんて急に気になってきました。

症状としては、半袖で外出し、日光に30分程度当たると、腕の背側が赤くなり、毛穴が盛り上がるように発疹し痒みを伴う。

きっとそのうち治るだろう、と放置していたところ、日焼けするごとに出てくる湿疹がひどくなっているようでした。始めは1時間程度で引いていた湿疹も、一晩たっても残るようになってきました。氷で冷やすとマシにはなるものの、日焼けだけでなく、入浴したり、飲酒したりして体温が上昇すると発疹するようにもなりました。完全に悪化してますね。

そこで、某医大病院の皮膚科を受診しました。腕の背側と首筋に発疹を確認してもらいましたが、先生曰く、日光じんましんなら、日焼けしている顔に出てもおかしくないはずだ、と。というわけで、じんましんに効くステロイド軟膏を処方してもらいました。

なんとなくステロイド剤って怖いのかな?なんて思いながら、薄く薄く、一日2回ほど塗ってみたところ、4日程度で回復しました。現在は薬は塗っていませんが、日光に当たってもじんましんが出なくなりました。日光じんましんの症状が続いていたというよりも、何かの理由で出ていたじんましんが、紫外線や熱の刺激で悪化していたようです。

日焼けした後に痒みを伴った発疹がある場合には、速やかに病院に行って先生に相談しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク