板の上でのバランス

不安定な板の上で、どうやってバランスをとるべきか。コツは「点でバランスをとる」ことです。

最初思いませんでしたか?板の上にどうやって立つんだろうかって。

小学生の頃、プールでビート板を沈めて上に乗ろうとした経験がありますよね?沈めたビート板は、沈めば沈むほど水面に上がろうとして暴れます。それを押さえつけようとすればするほど、バランスを崩したものでした。

サーフィンをするときには、板の上に腹ばいになる姿勢が基本姿勢です。慣れてくると意識せずにこの姿勢をとることができるようになりますが、慣れるまでは意識しながら正しい姿勢をとることが大切です。

バランスをとるためのポイント

バランスの中心は「へそ」
基本姿勢をとっている時、板と「へそ」で接しているように意識しましょう。板と体がそれぞれでバランスがとれている状態で、へそで繋がってるという意識を忘れないようにします。間違っても板にしがみつこうとしてはいけません。板にしがみついてバランスをとろうとすると、板も一緒にバランスを崩して転覆します(^^;

しっかりと背中を反らすこと
板の上に腹ばいの姿勢をとることは、慣れていないと相当キツいです。普段の生活のなかで、こんなに背中、胸、首の筋肉は使わないです。しかし、背中を反らし、胸を張らないと「へそ」中心の姿勢になりません。パドリングの効果を最大限に出すためにも、背中を反らすことは重要です。

必要な筋肉を養うための簡単なトレーニング

板の中心を理解する
サーフボードには中心があります。前後の中心と、左右の中心があります。左右の中心はストリンガーがあるので見た目で分かりやすいのですが、前後の中心は見てもわかりません。

板の上にいるとき、板の中心と思われるあたりのレールを持って腕立て伏せの要領で水平にボードを沈めてみてください。まっすぐ沈めることができるのなら、そこが前後の中心です。

前後左右の中心とへそ付近を繋ぐように板に寝ます。

すぐに中心に乗れるように、正しい位置に来たときのボードのノーズ、ボードのロゴの場所を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク