波を越えて沖に出る

海上でのバランス取りに慣れてくれば、沖に出て見よう。沖に行くと、意外なほどに静かな海が待っています。

サーフィンを始めた頃は沖に出るほど波が高いと思ってました。だから、インサイドでこんなに波が高いのだから、沖に行く人はすごい体力だなーって思ってました。

ある程度海の状況を落ち着いてみることができるようになると、波のブレイクするポイントより沖側はさほど波は高くないことに気付きました。ブレイクするポイントと、ブレイク後スープが押し寄せてくるインサイド側の方が明らかに波が暴れています。

ブレイクポイントにアクセスするために沖側で波待ちをするんですが、沖に出る(ゲッティングアウト)が、非常につらいです。特に波が大きい日はパドリングしてもほとんど進まず、悲しくなります。かなりがんばったと思っていても、振り返るとすぐそこに岸が・・・

そこで、プッシングスルーやドルフィンスルーなど、スープに押し返されないように波をやり過ごす技術が必要になります。全ての方法に共通するのは、波に対して垂直に突っ込むことと、波が来るまで十分にスピードをのせておくことです。

プッシングスルー

プッシングスルーとは、小波が来たときに板に手をつき、腕立ての姿勢を取ることで波を板と体の間に通すことで波をやり過ごそうという方法です。片足を上げることで波から受ける抵抗を減らすことができます。この練習をすると、腕や背中のトレーニングにもなります。陸上でも練習しやすいと思うので、オフの日にちょっと練習してみてください。うつぶせに寝た状態から、胸の横に手をついてよつんばいの姿勢をとります。

ごめんなさいスルー

どこで聞いたか忘れましたが、通称ごめんなさいスルーです。後述するドルフィンスルーをマスターしていないが、プッシングスルーで抜けられないサイズの波が来てしまった!というときに威力を発揮します。
顔も肩も腕も含めて、全身で板にべったりしがみつき、極力抵抗を減らして波に正面突破することで、抵抗を最小限にしようというものです。板と一蓮托生になる作戦なので、運が良ければうまく波をごまかせますが、下手をすると見事に波に巻かれます。以前、これをやって板ごと縦に2回転グルグル回ったときは驚きました・・・巻かれてもおぼれないように注意してくださいね。

あ、ドルフィンスルーについては、長くなりそうなので別エントリで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク