ドルフィンスルーのコツ

意外と忘れている、ドルフィンスルーのコツです。これを意識して練習すれば上達間違いなし?!

ボディボードをやってるときから、どうしてもドルフィンが出来ませんでした。出来ないというか、理解できなかったんです。

以前、波のパワーゾーンの下をくぐるように意識することでスルリと抜けて浮力でエレベーターのように波の裏側に出られる、と書きました。しかし、実際板に浮いている状態でどうすれば波の下にもぐれるかが理解できませんでした。

よく書かれているのは、

  • 板のノーズを沈める
  • テールを蹴りこむ
  • 体を板に密着
  • 浮上

という流れです。皆さんもよく目にしていると思います。ある程度練習をしていて、ようやく意味がわかるようになってきました。

板のノーズを沈める、というのは、テイクオフするときに手を置く位置よりも少し前よりに手を置き、体重をかけてぐっと沈めます。ここまでは出来ました。

しかし、テールを蹴り込む動作がよく理解できませんでした。ノーズを沈めてそのまま板に乗り込んだのでは、テールは上がったままですから、お風呂に沈めたおもちゃのボートのようにテールから海面にピュっと戻ってきてしまいます。

実際に波を潜ろうとすると、腰より下が波につかまって、海面に押し戻されてしまいます。

ドルフィンがうまくできないと嘆いてる皆さん。テールを蹴り込む動作を忘れていませんか?

ノーズを沈めた後、利き足をデッキパッドにのせて、しっかりと踏み込み、板を沈める必要があります。このとき、両手と利き足の合計3点で板に対してバランスをとっているため、足を置く位置や、左右の手の加重バランスが重要になってきます。

一度波のないところで練習してみると難しさがよくわかると思います。陸上で蹴り込みを意識してトレーニングしておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク