ショートとロングの違い

先日、友人のロングボードに乗る機会がありました。ロングとショートの感想ですので参考にしてみてください。

先日、ロングの友達と板を交換して遊んだため、初めてロングに乗る機会がありました。

彼はロングにしか乗ったことがなかったので、あこがれのショートにチャレンジしたかったようです。

さて、乗った板は9ftのロング。重量もかなりありますが、水の上に浮かべたときの浮力も相当なものです。

板の上に乗ってみると、ショートとは明らかに違います。まるでバナナボートに乗っているかのように、非常に安定した浮力があります。

横幅があるのでショートのように腕全体をしっかりつかってパドリングすることはできません。動きも重くて慣性が効いており、肘から先を使って徐々に推進力を得る感じです。

さて。その日の湘南は荒れていたため、浮力が仇となり、波にもまれるもまれる!波を越えるコツも全然違います。ロングを練習する場合には、あまり波の立ってない穏やかな日をオススメします。。。

パドリングすると違いは歴然。浮力があるので明らかにパドルの速度が違います。スイスイーっと進みます。その代わり、ドルフィンとかは無理。そのまま波に突っ込むとぐちゃっと波に巻かれます。重い板ごと亀のように情けなくひっくり返されてしまいます。

うねりから乗れるのでテイクオフもガンガンできるし、板の上に立てるようになるのも早そうです。初心者はロングから・・・といわれるのも納得ですね。

しかし、やはりショートとロングは別物です。ショートである程度練習したからといって、ロングをすぐに乗りこなせるわけではなく。使う筋肉が違うらしく、非常に疲れました。ハードなコンディションだったのもあります。。。

持ち運び時の取り回しや車載スペースの都合から新しいボード買うならファンボードもアリ?と思ってましたが、中途半端なファンボードを買うよりも、ショートとロング、とメリハリをつけたほうが良いような気もしますね。

参考までに。初めてショートに乗った友人は「全然浮力ない」「パドリングきつすぎ」「グラグラ安定しない」というコメントを残しています。

「初めてがショートだったら挫折してたかも」とも言ってました。サーフィンの楽しさを教えてくれる人がいない場合、初心者だけでショートを始めると挫折する可能性が高そうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク