海でのマナー

あまりマナーマナーとうるさいのは好きじゃないんですが、最低限知っておかないと困るマナーです。

サーフィンのマナー、たーくさんあります。サーフィンを始めようと思って入門書を読んだ時に、あまりにマナーにうるさそうで海でもしばらくドキドキしたものです。

逆の立場になると、マナーの良くない人はどうしても気になりますからね。お互いに楽しく波乗りをするために、マナーは守りましょう。

基本的には、自分勝手な行動をつつしみ、周りの人と譲り合いの精神を持つことです。

波の優先権・前乗り

原則、ひとつの波には一人だけしか乗りません。左右に割れる波の場合にはレギュラーとグーフィー一人ずつです。芋の子を洗うような状態のポイントでは、全員が一斉にテイクオフし、全員でまっすぐ進むようなこともあるでしょうが、それは例外です。では、波に対しての優先権は誰にあるのでしょうか。波のピークに一番近い人にあります。波のピークに近い人がその波を一番気持ちよく乗れる人ですから、他の人はドロップアウトすべきです。前乗りというのは、優先権のある人がサーフィンしている波を横取りする行為ということになります。
ローカルが強いところでビジターが変に目立ってしまうとわざと前乗りされるようなこともあるようです。車で言うところの幅寄せとかパッシングのような行為ですね。もし気がつかずに前乗りしてしまった場合には素直に謝りましょう。

海で騒がない

ビーチで騒ぐ分には一向に構いませんが、波待ちしている状態で友達同士大声で話をしているのはあまり気持ちのいいものではありません。波乗りを楽しんでやっている人には、一人で海に来る人もたくさんいます。彼らの目には、海で騒ぐ団体は脅威とうつるかもしれません。マナーを知らない人なわけですから、何をされるかわかりません。ローカルには自分たちの場所を蹂躙されるようにうつるのかもしれません。周りの人に気遣って会話したほうがいいでしょう。

ゴミをちらかさない

みんなの海です。特にビジターは、他の地域で波乗りさせてもらっているというくらいの謙虚さを持っているとトラブルも少ないと思います。自分が出したゴミではなくても、落ちているゴミを拾って帰るくらいの気持ちで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク