波があるところに行こう


波がないとサーフィンになりませんから、アタリマエといえばアタリマエ。しかし、それは意外に奥の深いアタリマエ。

海に入り始めたときはこんなことを考えていました。

自分はあまりにも初心者で、外部から来た新参者なんだから、なるべく人の邪魔にならないところにいよう。少々波が悪くても、悪いなりに自分の練習になるはずだ。

この考えは半分あたりで、半分はずれです。

他人の邪魔にならないようにすることは大切です。特に、怪我をしたりされたりっていうのは気分も良くないですよね。自信がなければ、混んでる場所を外すというのはいい案です。

しかし、いつまでもこれだとなかなか上達しません。スープに押される練習をしているならともかく、うねりに乗ってテイクオフする段階であれば、まともな波が来ないところではちっとも練習になりません。時間帯や休日を外せば混雑はある程度回避できたりもします。

波がある日、波があるポイント、波がある時間帯を狙いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク