ウェットの型くずれ防止策


せっかくのウェットスーツを長持ちさせるために是非お読みください。

スプリングなど、比較的軽いウェットスーツはさほど気になりませんが、フルスーツなどは水を含むとかなり重くなるため、注意が必要です。

真水でゆすいでハンガーにつるし自然乾燥をさせる際、普通のハンガーに掛けてしまうと、ウェットスーツの重さがハンガー部分に全て掛かってしまうため、せっかく立体的に作られているウェットスーツが伸びて二次元的になってしまいます。おまけにハンガーの痕が残ってしまってカッコワルイです。これではせっかく体型に合わせてフルオーダーしたのにもったいないですよね。

そこで、ちょっと値は張りますがウェットスーツ専用のハンガーを使うことをオススメします。

値段は2000円弱とハンガーにしてはそれなりにしますが、肩の部分がしっかり大きく作ってありますので、ウェットスーツにかかる重量負担を最低限に抑えることができます。サーフショップ等に置かれていますので、ウェットスーツを大切にしたい方には是非ご利用いただきたいと思います。

Error: Suspended
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク