変なボード買わないでね


ボディボードはサーフィンの板以上に安いものが存在しています。ホームセンターで1980円?うまくなりたいなら、そんな板買っちゃダメですよ!

世の中ではいろいろなところで「ボディボード」と名の付いた商品が売っています。僕は初めから高い道具を買う必要はないと思っていますが、いくら安いからといって、最低限の機能を持っていないボディボードを買うのはオススメできません。最低限の機能というのは、「レールがある」ことと、「柔らかくない」ことです。ホームセンターにある安物はビート板です。スポーツとしてやりたいなら是非ボディボードを買いましょう。

僕は、初めタウカンのボディボードを1万ちょいで買いました。

ボトムもフラットで何の変哲もないですが、しっかりとしたレールはついてました。これで練習してましたが、小さな波には置いていかれます。しかし、一枚しか試したことがないので、単に自分の力量不足だと思っていました。

ある日、友人からボロボロのリオパイポのボード(スティンガー)を貰いました。熱でちょっと反ってしまっていますが、持ったときにその軽さに驚きました。実際に乗ってみると、テイクオフが早い!波のトップから「つるん」とボトムに降りられます。

ボロボロで板が反ってしまっているのでレールが入りにくく、ターンというよりはズリズリとドリフトしてしまいますが非常に乗りやすい、初心者にとってのマジックボードだと思います。オーストラリアで2万程度で買った板らしいですが、できればこれくらいのスペックの板が望ましいんですね。ちゃんとしたボディボードブランドの板はやっぱり乗り心地が違いますよ。

今はタウカンの板は知人に2000円で譲ってしまいましたので、リオパイポと、オーストラリアで買ったマンタの板が眠っています。マンタの板は、一段と軽いです。発泡スチロールでできてるのかと思うくらい軽い。そして、ストリンガーが入ってるので丈夫です。ボトムはXPSコーティングされているためツルツルです。しかも、直進性を上げるためにレールの部分にブレードがついています!これって、スピンしにくいのでは??とも思ったりしますが問題ないです。ただ、板が幅広なので日本の小波では若干オーバースペック気味です。グリグリに掘れたパワーのある波に乗りたくなる板です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク