サーフィンに適した時間帯

基本的には波があればいつでもサーフィンできます。しかし、いい波が立ちやすい時間帯があるのをご存知でしょうか。

僕が知ってるサーファーの多くはたいてい朝が早いです。夜早めに就寝して、早起きし、早朝に海に入る。もしくは夜中にポイントに到着して日の出まで車内で仮眠をとる人も多いですね。

早朝は、陸風から海風に切り替わるタイミングなので、風もおだやかで、波のフェイスもきれいなことが多いです。混雑もなく、日焼けによる体力消耗もないので理想的ですね。夏期の海水浴客による混雑も避けることができます。夏休みとはいえども朝7時から海水浴客は居ません。

早起きした分、暑い日中は駐車場やテントで休んで体力を温存しておくといいでしょう。仲間と一緒なら木陰でトランプしたり昼寝でもしといてください。夏季は渋滞を避けるために午後イチの時間に帰路に着くのもいいですね。海水浴客と同じ夕方に帰ろうと思うと間違いなく大渋滞します。夕方まで海にいる場合は、渋滞がマシになる時間までのんびり寝ておくのがいいですよ。片道2時間の道が渋滞で5時間かかるなんてことはザラですからね。

早く着きすぎたからといって、間違っても暗い時間帯に海に入ってはいけません。波が見えませんし、障害物や海の生き物などいろいろなものに注意が届かず、危険に身をさらすことになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク