学生は海外に行け!

命令口調でちょっと偉そうなタイトルですね(笑)

要するに、学生時代に海外を経験してこい、という話なのです。私は、そもそも海外なんぞに微塵も興味がなかったんですよね。

海外とはいえ、「旅行に行く」というだけで、たかだか一週間程度で10万とか払うんですよ?そこに10万出せるんだったら、車の免許とる資金に充当するとか、洋服にお金を掛けるとかもっと日常に根付いたものに使った方が有益じゃん。

そう思ってたからです。

確かに、そもそも旅行が趣味というわけでなければ、お金を払って名勝を訪れるような道楽旅行は無意味かもしれません。

しかし、海外旅行は違うんですよ。特に自分で手配する旅行はもはや冒険です。言葉の満足に通じない国でうまく立ち回れるようになると考え方が変わるかもしれませんよ。自由に時間が使える学生の間に是非海外に「住んで」みてください。

自分で手配する旅行であれば格安航空券とって、滞在する宿をとって。ビザの申請なんかもインターネットでやっちゃいます。

格安航空券は、それ系のサイトに行けばすぐ買えます。基本的に「往復」の料金です。考えてみれば、国内往復プラスアルファ程度で遠い国にも行けるわけですから、すごいですよね。サーチャージも原油価格が落ち着いていればさほど怖くありません。

ネットで注文するのが気になる方は、HIS等の旅行代理店でも格安航空券を扱っていますよ。

そして、お勧めのスタイルは滞在型。ホテル暮らしはなんだか疲れるし、お金もかかります。コンドミニアム(貸別荘みたいなものです)を借りて、広い部屋で海外滞在をエンジョイしましょう!キッチンもついているので、近所のスーパーマーケットで食材を買い込んで自炊ももちろんOK。BBQエリアがあるコンドミニアムも多いので、仲間を集めてBBQパーティーなんかもいいですね♪サーフィンやって、ビールのんでワイワイ騒いで過ごす毎日。
dsc05591
ただ、本当に一人で行く場合、現地で仲間が作れないと広い部屋で引き籠もることになりかねません。

そういう場合には、現地の語学学校(半日授業でも十分満喫できます)に通うとかサーフスクールに通うとか。知り合いを作る機会を積極的にセッティングしておくのが吉です。ただし日本人同士で集まってしまうと意味がないので、冒険する意気込みは忘れずに。

なお、ホームステイするのもアリですが、旅の満足度はホストファミリーに大きく左右されるためハズレを引いてしまう可能性があることも知っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク