デッキパッドの貼り方

スポンサーリンク
波乗りに関するエトセトラ

ある方から、デッキパッドの貼り方について質問を受けましたので、デッキパッドの貼り方について書きます。

ショートの場合、後ろ足を置く位置にデッキパッドを貼ります。貼ることにより、足を置いたときに滑りにくくなり、ボードコントロールがしやすくなります。 では、貼り方です。 1.貼るところをキレイにしておく デッキパッドは、裏側についている両面テープのようなもので貼りますので、接着面をキレイにしておく必要があります。ワックスがついていることもあると思いますので、リムーバでしっかりとって脱脂しておきましょう。また、塗装面が荒れている場合には細かい目のサンドペーパーで軽く整えておきましょう。 2.場所決め 実際に足を置くところに貼るわけですが、よほど厳密に貼る必要がある場合はともかくとして、結構適当です。僕はお店で貼ってもらいましたが、「こんなもんかな」的に貼られました。目安としては、足を置く場所がセンターフィンとサイドフィンの間になるようにします。 pad1 板の面に対して中心に来るように気をつけてください。 pad2 ↑これはストリンガーに合わせて貼ってありますね。 3.貼る 場所を決めれば、あとは各パーツが分裂しないように気をつけながら貼っていきます。複数枚のパーツで構成されるデッキパッドの場合、あらかじめ表面をテープで固定しておきし、バラバラにならないようにするといいですよ。寒いときなどは粘着力が落ちますので、ドライヤーなどで接着面を暖めて作業します。 4.しっかり押さえる あまり押さえつけすぎて板を痛めないように気をつけながらパッドをグイグイ押さえます。接着面が馴染むように一晩くらい置いたら完成です。 こんな感じですね。剥がして再利用できないので、慎重に作業してくださいね。