2018年 台風5号発生!和歌山や伊勢エリアのサーフポイントはどう反応するか?

スポンサーリンク
波高情報と関西のサーフポイント

台風発生!というニュースを目にするたびに、どこで波が立つかとソワソワしますよね?

波高情報と各ポイントの状況をメモしておきまーす。

Cwmsjp 00

こちら2018年6月の台風5号の様子。沖縄が暴風域になっており、画面下部は真っ赤。南からのうねりが届き、和歌山エリア磯ノ浦にも、伊勢エリア国府ノ浜にもうねりが届いているようです。imocの情報によると、50-99cmだそうです。

磯ノ浦の状況

午前中はさほどうねりが入ってきておりません。セットでヒザくらい。ここからの時間帯目指してたくさんのサーファーが入っています。午後から急速に波が上がり、サーフィン向きの状況になります!!ただし、明日には頭サイズを超えてエキスパートオンリー、一気にクローズドな状態になりそうなので時間帯が勝負!ですね。

国府ノ浜の状況

磯ノ浦よりもうねりに敏感なビーチなので、磯ノ浦よりはマシ、ヒザ〜モモくらいのサイズです。これから波も上がりますが、かなり強烈に東風(オンショア)が吹き込みますので、フェイスが崩れてコンディションはいまいちと予想。

うねりが届きつつ、風をかわせるコンディション、なかなか難しいですね。