ボードセンターを把握する

ボードの左右のバランスはストリンガーを見れば分かります。ボードの前後のバランスは、海の上にボードを浮かべて両手で押してみれば分かります。

こうやって調べた「ボードの中心」に、おへそ〜脇腹の間あたりを置くようにするのが「重心を意識するサーフィン」のポイントです。

これまで乗っていた位置よりもかなり前に乗っているように感じるかもしれません。そういう人は、この位置に乗るよう練習することで、パドリングでグイグイ進むようになるし、テイクオフも早くなってより一層波に乗れるようになります。頑張りましょう。

ボードセンターを意識して乗ったとき、視界のどこにボードのノーズがくるか。ノーズと両手の関係はどんな感じか。しっかりと覚えておくようにしましょう。

よく「ノーズに手が触れるかどうかくらい」と表現しますが、これはこのアドバイスをした本人の感覚にすぎません。体型やボードのシェイプによって微妙に異なります。また、ワイデストポイント(ボードの横幅が一番広い箇所)とも限らないので、ボードを眺めるだけではわかりません。空き缶の上に静かにボードをおいてバランスがとれる場所など、単にてこの原理で決まるわけでもないです。
てこの原理と浮力によってボードセンターは決まるので、必ず海の上で確認するようにしてください。

海の上でセンターを確認したら、ワックスにマークして分かるようにしておきましょう。あとからステッカーなどを貼っておくなどして目印をつけ、いつでもボードセンターを意識できるようにしましょう。

Error: Suspended

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク