パドルは浮くためにするもの

ボードセンターを意識してボードに乗ってみると、ちょっと前過ぎないか?!と思う人もいると思います。よくいわれる「ノーズの先端が水からちょっと出る状態」にならない。先端が水の中に沈んじゃうんです。

こういう場合、上半身を反ってバランスをとるのがセオリーです。しかし、あまり頑張って上半身を反りすぎると体に力が入ってしまい、バランスが崩れる上にパドリングやテイクオフの動作に支障がでてきます。

リラックスを維持した状態である程度上半身を反らしたら、あとはパドルでノーズを浮かせるようにしましょう。

さっきの「ノーズの先端が出てない」状態でパドルをするとノーズが水面にでてきます。不思議ですね。前に進もうとパドリングをすると、ノーズのロッカー(反り)により揚力が生まれるんです。

今まで「楽」な乗り方をしていた人の、パドルしなくてもノーズが浮いている状態は、つまりボードセンターに対して後ろに乗っている状態です。後ろが沈んだ状態になっているのでパドルしてもノーズがほとんど浮いてきません。また、ボードに角度がつきすぎているためボードの推進に対して大きな抵抗が生まれます。つまり、この状態でパドリングを頑張ってもなかなか進まないんです。初心者のパドリングが遅い理由のひとつ!

テイクオフのタイミングでのパドリングも、波の速度においつくのではなく、推進力によってボードの角度を波の斜面に合わせると意識した方が分かりやすいです。それは次回。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク