テイクオフ前のパドリング


前のセッションでも少し書きましたが、パドリングは「進むための手段」であり、かつ「ノーズを浮かせてサーフボードを理想的な角度にするための手段」です。

テイクオフに成功する一番の要素は「ポジショニング」です。これに異論はないと思います(笑)。次に大事なのは波に対してサーフボードの角度を合わせることです。

ある程度波を捕まえられるようになった頃の話です。
「そこそこ」の波にトライするものの、パドルが遅くておいて行かれてしまうのが悩みでした。横にいる人は数回パドルをするだけですぐにテイクオフしていくのに、早めにパドルして助走をつけたとしても波においていかれてしまうんです。体重が重いのかなー、板が合ってないのかなー。そもそもトレーニングが足りないからだろうか。いろいろ悩みました。

今思えば、ボードセンターを意識していなかったので後ろに乗りすぎていたんです。板の抵抗が大きいのでパドルしても速度がつかないんですね。また、抵抗があるということは海に対して「浮いて」いる状態ではなく「刺さって」いる状態です。だから、刺さっている杭をぶっこ抜いてもらうくらい良い波に押してもらわないとテイクオフできませんでした。

ここで心がけることはふたつ。

ひとつめは、きちんとボードセンターに乗ることです。これは前回書いています。

ふたつめは、ただがむしゃらにパドルするのではなく、浮力で海面に対する抵抗を減らすことを意識すること。波が来たときに「俺、行けますよ」とアピールするようにパドルすることで推進力で浮力を得ましょう。波と同じ速度になるよう頑張るのではなく、ボードセンターに乗った状態から、ノーズが浮いてくるよう意識してパドルしましょう。

すると面白いように波に乗れるようになると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク