立つ時にも重心を意識する

まずはボードセンターに乗っていることが大前提です。無事波に乗れて、さあ板の上に立つタイミング!

ここで失敗すると失速して波においていかれるか、パーリングして波に巻かれます。前者はボードセンターに対して後ろに重心が移ったから、後者は前に重心が移ったからですね。ここまでは分かりやすいです。

あとはボードセンターを意識したまま立ち上がるにはどうすればよいか、ですね。

まず、両手はみぞおちの脇あたりにおきます。指先は進行方向に向けるよりも、左右に向けた方が立ち上がるときに無理がないと思います。ただしボードを握らず、あくまで手をおくだけにしておいてください。

この位置はボードセンターからみるとちょっとだけ前にあります。ここを支点にして、前後のバランスを損なうことなく立ちましょう。ドジ井坂さんの動画がすごく勉強になります。ゆるめておいた肩甲骨を戻すことでグっと上半身を起こします。その時に目線は進行方向を向いておくとバランスが崩れません。そして足を出します。ここらへんのテイクオフでの体さばきについては、ドジ井坂さんの教則本/DVDに詳しく書かれていますので参照ください。

ポイントは、手をおく支点をボードセンターの近くにすることです。板の先端をグイグイ手で押してもノーズは下がりませんが、ボードセンターあたりを支点にして上半身のバランスを制御すると徐々にノーズを下げることができます。圧力ではなくてこの原理でボードの角度を制御しながらテイクオフしましょう!

Error: Suspended
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク