ショート?ロング?


まずはいろんな板の種類、特徴を知っておきましょう。
板によって得意な波、得意なトリック(技)があります。

どの板を選ぶかで、ライディングスタイル、波への対応力、運搬のしやすさが異なります。

種類 ショートボード ファンボード ロングボード ボディボード
?
サイズ 170?200cm 230cm前後 300cm前後 100cm前後
形状 先が尖っている 先が丸い 長くて丸い ビート板
浮力 少なめ 中くらい 大きい 少ない
運搬 普通 ややお荷物 大荷物 やや楽
乗り方 カットバック等、細かいターンが特徴 ショートとロングの中間的なスタイル 板の上に立ち、ゆったりとクルージング ターンやスピン、エルロロなど
特徴 サーフボードといえばこれ。まともに乗れるようになるまで結構努力がいるかも。 浮力があり、幅広なので安定感があり、テイクオフしやすい。早く感覚を掴めるので初心者向き。 安定感があり、ブレイクしないような小波でも乗れるので人気沸騰中。でも持ち運びがちょっと不便? フィンを履く、板の上に立たない、など、サーフィンとは明らかに違うスタイル。女性に人気。

選び方の基準はいろいろありますが、あなたが一番やりたいものではじめるのがいいでしょう。上達するにはモチベーションを高くもって続けられることが一番大切です!

もし、楽しさを知る前に挫折してしまうのはもったいない!と思うなら、浮力のあるロングかファンボードから始めるといいのではないでしょうか。特にショートボードはロクに波に乗れない状態では練習に行ってもクタクタになるだけであまり楽しめないです。「修行」と割り切ってコツコツやるくらいの根性が必要かも?

僕の場合、サーフィンを始める前、ボディボードにはある程度乗れてたので、波に乗る楽しさは理解していたつもりでした。

それでも、ショートに乗り始めて数回の練習は海が嫌いになりそうなくらいキツかったです。。。カレントに流されたらなす術がないし、何よりパドリングが辛くて辛くて・・・背中を反るのが大変だわ、腕は動かなくなるわ、沖には流されるは。。。

しかし、乗れるようになるとショートは楽しいですよ?。

ただ、無理してショートにせずにファンボードで始めればもう少し早くコツを掴んで上達も早かったかもしれないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク