パドリングは大事

海の上で移動するためにはパドリングが必須。あたりまえのことですが、パドリングは大事です。

海の上でボードに寝ている状態では推進力がありません。そのままだと、波間に浮かぶゴミのように波に洗われてしまいます。また、沖に向かうカレントに乗ってしまうと、どんどん流されてしまいます。

初めてサーフィンの板に乗ってパドリングをしたときでした。あれは千葉のサンライズP。カレントの強い堤防付近に吸い寄せられてしまい、いくらパドリングしてもどんどん陸から遠ざかってしまう状況に半ば諦めかけてしまったことがあります。余談ですが、一般に堤防付近には沖に向かう強いカレントがあります。自信がない人は近寄らないのが賢明です。

もう、流されてもいいや・・・

と思いかけましたが、流されたら海難事故です。諦めてはいけません。

そのときは、友達が後ろからグイグイ押してくれて、必死にパドリングしてカレントから脱出できました。一人だとどうなっていたんだろう。事態を悪い方向に想像するだけで海が嫌いになりそうでした。

こんなトラブルからも自力で脱出できるためにも、そもそもトラブルに巻き込まれないためにも、普段からパドリングを強化するように心がけましょう。

沖に出る(ゲットする)ときにもパドリングは重要です。テイクオフするために波のスピードに追いつくときにもパドリングは重要です。パドリング上達なくしてサーフィン上達なし!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク