パドリングは大きな壁


陸上生活に慣れた私たちにとって、パドリングはひとつの壁です。実はここで諦めてしまう人は多いのです。

まだまだサーフィンに適した肉体が形成されていない初心者にとって、大きな壁となり立ちはだかるのがパドリングです。サーフィンを始めたばかりの時は特に、パドリング用に筋肉ができていないのですぐに腕が上がらなくなり、背中を反ることもできなくなってきます。波に乗れないどころか、海の上で浮かんでいることしかできなくなり、寄せてくる波でインサイドに戻されて、「サーフィンなんてしんどいだけで楽しくない」と思ってしまいます。

パドリングが遅いとうまく海上を移動できませんし最悪の場合、潮流に流されてしまい帰還できなくなってしまいます。また、パドリングが遅いとよほど条件の揃ったいい波にしか乗れません。あまり波質に恵まれていないサーフポイントで練習することの多い私たちにとって、パドリングのスピードを上げることは「必須」といえるでしょう。

よく、パドリングはとにかく実地訓練だ、毎日何時間も海でパドリングして、腕が上がらなくなるまで練習していれば、いつか身に付くんだー!って話を耳にします。それは多分正しいのです。多くのサーファーがそれだけの努力をして上達してきているのだと思います。

しかし、事実上週末にしか海に行けない状況では、これはなかなか難しい事でもあります。もっと理論的にパドリングに必要な筋肉をつけることができるならばそれがきっと最善の方法ではないでしょうか。最善の方法を見つけるための情報を何回かに分けて書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク