腕の使い方


腕を回せばいいというのは分かるんだけど、クロールとは違う。一度パドリングについて知識を整理しませんか?

まず、パドリング時の腕の使い方についての話をします。

ある人からこんな話を聞きました。

パドリングはさ、あまり深いところを頑張ってかこうとしても、
 そんなに人間の腕力は強くないからすぐに手が負けてしまう。
 うまい人のパドリングを見てたらわかると思うけど、
 肘を曲げて、おなかの下をすばやくかくことが大切だよ。

また、ある本にはこのような事が書かれていました。

パドリングをするときには、しっかりと手を伸ばし、
 できるだけ深いところまでかくように頑張ろう。
 これですぐに腕が疲れてしまうようであれば、
 あなたのいままでのパドリングは間違っている。

プロサーファーの腕の動きを見てみると、数回パパっと水をかくだけで波にスイスイ乗ってしまいます。私も素早く水をかくために、水面の近いところをパパっとかいて練習しました。しかし、水の抵抗が少ないということは、それだけ推進力も少ないということです。カレントが強いと、どれだけパドリングしても一向に進みませんでした。

そこで、本にあったように、手をおもいっきり深いところまで入れることを心がけてみました。すると、体力がないのであまり長時間はできませんが、ボートのオールを動かした時のようにググっと進んでいる感触が得られました。

パドリングを早くするためには、腕をしっかりのばして自分の体の下を大きくかくことが大切なようです。

初心者はパドリングがしんどいから、力を抜くために「ハ」の字型に水をかきがちです。これでは力も左右に分散してしまうし、板のロールも大きくなって効率的ではありません。逆ハ(ソ?)の字型に板の下にある水をしっかりとかくように意識することで、板に浮力が生まれ効率よく推進力を得ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク