パドリング上達のコツその1


パドリングのコツを見て、自分のパドリングを見直してみてください。

パドリングがなかなか進まず、サーフィンを諦めてしまう人が多いといいます。
パドリングは大変だし、パドリングができないことには何も出来ません。

基本的にはたゆまない努力が必要なんですが、
努力を少しでも「コツ」で軽減したいという方に、パドリング時のコツをご紹介します。

ひとつめは「板の角度に注意すること」です。

板のロッカー(反り具合)にもよるので一概には言えませんが、
一般に板の先端が数センチ程度出るくらいの角度がいいと言われています。

理屈をつけたいひとはこう考えてください。

パドル時、加速が付くほどよく進む理由は、
パドルの推進力に合わせて板に対して揚力が生まれるためです。
進行方向と板の角度が高いほど大きな揚力が得られますが、
その分大きな推進力(パドル力)が必要となります。

ごくごくわずかに角度がついていれば、
パドルにも大きく負担をかけずに効率よく揚力を得ることができます。

一度、自分が板の上に乗っているときの角度を確認してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク