パドリング上達のコツその2

うまい人と下手な人のパドリングを見ているとある共通点が見つかりました。

前回のコツとして、板の角度に注意することを挙げました。今回は、効率よく背筋を使うためのコツです。

ふたつめのコツは「背筋を効率よく使うにはパドルするときに足を揃えよう」です。

うまいひとがスイスイ進んでいるのを見てください。大抵、足をスッと伸ばし、かっこよく両足を揃えているはずです。

逆に、パドルが下手そうな人を見てみましょう。板の上でバランスを取るために、足を開き気味にしている人が多いと思います。

確かに、足を左右に広げたほうが板の上で安定しますので、パドルで手を動かしてもバランスが取りやすいです。綱渡りをする人が長い棒を持っているのと同じ理由です。

しかし、足を広げてしまうと、軸も分散してしまうため、パドルで得た推進力も均一に伝わりません。つまり、疲れるだけで一向に進まないパドリングを生みます。

また、足を揃えることで、お尻から背中、肩にかけての大きな筋肉を一体化して効率よく使うことができます。疲れにくく、力強いパドリングへの第一歩は、足を揃えることです。

自分のパドリングに納得できていない人は一度足を揃えるように意識してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク