立つときの足運びその2


立つときの足運び、諸説ありますがそのなかの1つをご紹介します。名づけて飛び乗り風です。

テイクオフ時、立ち上がる動作に慣れていないと慌ててしまってせっかくのチャンスを逃してしまいます。立ち上がるときの体さばきを陸上でしっかり叩き込んでおきましょう。

今回ご紹介するのは「飛び乗り風」です。名前はテキトーですが、結構いるんじゃないでしょうか。飛び乗り系。

パドリングまでは一緒です。テイクオフ時にわき腹辺りに両手をおき、ぐっとひじをのばして背中を反った腕立て伏せの姿勢になります。次に、腰を跳ね上げつつその反動を生かして一気に足を前に持っていきます。背筋を使って腰が高い位置まで上がったら、一斉に両足を自分のライディングポジションに持っていきます。前足がなかなか出ない場合には「ヒザで胸を蹴り上げるように」思い切ってだすと言いと言われてたりしますね。

飛び乗れれば時間ロスも少なくてすみますし、飛び乗ることで加速がつくかもしれません(笑)。ただし、バランスを崩しやすいこと、正しい位置に足を置けずに上達が遅れる可能性がある、やたらと無駄に体力を使う、などのデメリットもありますね。

また、体が固い人は前足を一発で置けずついついヒザ立ちの姿勢を経由してしまうことになって上達の妨げになることがあります。「飛び乗り風」をマスターした人にとっては強い武器になるかもしれませんが、誰にでもオススメできる方法ではないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク