立つときの足運びその3

立つときの足運び、諸説ありますがそのなかの1つをご紹介します。名づけて飛び乗り風です。

テイクオフ時、立ち上がる動作に慣れていないと慌ててしまってせっかくのチャンスを逃してしまいます。立ち上がるときの体さばきを陸上でしっかり叩き込んでおきましょう。

今回ご紹介するのは「サイドライド風」です。飛び乗り系の派生と考えられるパターンです。

立つときの足運びその2でご紹介した「飛び乗り風」ですが、最後に書いたように体の柔軟性が低い人には向きません。前足を胸にしっかりと近づけることができないため、ヒザ立ちの姿勢を経由してしまって結果的にうまくテイクオフできません。

体が固い人は怪我を防ぐために毎日柔軟体操して少しでも体を柔らかくしておいたほうが絶対にいいんですけどね。それまで待ってられないよ!ということで誰かが編み出したのが「サイドライド風」です。海で見かけたので派生パターンとして紹介します。

パドリングし、両手をわき腹の横において背中を反るところまでは同じです。次に、少し腰を上げて後ろ足だけを先にポジショニングします。おそらくデッキパッドあたりの正しい位置におくことができたら、次は腰を上にあげる意識ではなく、外側からお尻を回すようにして前足をポジショニングします。傍からみていると横からスッと乗り込んだように見えるため、サイドライド風と名づけました。

この方法であれば体が固い、おなかがつっかえて前足をスムーズにポジショニングできない人でもスムーズにテイクオフすることができます。ただし、腰を横から回してくるため左右にバランスを崩しやすいのでショートよりもファンボードやロングボード向きの立ち方かもしれません。

体が固い人、おなかがつっかえて前足が出せず、ヒザ立ちになってしまう人は一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク